作り方・レシピ

グリーンスムージーに使う野菜の農薬は大丈夫?重曹で落ちるの?

更新日:

グリーンスムージーの材料には生の野菜や果物を使います。そして、多くのレシピブックなどでは材料は皮ごと入れることによって皮の周りに凝縮された栄養を効率よく摂取することができると紹介されています。しかし、皮ごと食べる時に気になってくるのが農薬です。かといって無農薬の材料ばかり買っていてはかなりの値段になってしまいます。ネットでは重曹で農薬が落とせるとされていますが本当なのでしょうか?

今回はグリーンスムージーの材料に付着した農薬への対処方法をお教えします。

【衝撃】グリーンスムージーの材料は実は農薬まみれ!

驚かせてしまってすみません。しかし、グリーンスムージーに限った話ではありませんがスーパーなどで売られている野菜や果物などの多くに農薬が使われているのは事実です。特にキウイやバナナ、マンゴーなど海外から輸入される材料は海外の細菌や虫が日本に入り込まないように徹底的に洗浄するためほぼ100%農薬が使用されています。

また、海外では日本では禁止されているポストハーベストと呼ばれる収穫後の農薬がまだ使われている地域があり、このポストハーベストは栽培中に使用する農薬の数百倍とも言われており最近では消費者団体などから危険性が指摘されています。

グリーンスムージーの材料に頻繁に使われるバナナやキウイ、マンゴー、オレンジなどは当然輸入の海外産が中心ですので農薬を浴びたものばかりですが、りんごやみかんなど国産の材料も無農薬を謳っていないものはほとんど農薬が使用されています。

要はスーパーなどに売られている野菜や果物は「無農薬」と書かれたものでない限り全て農薬がついているということです。

本当に皮が付いたまま使って良いの?

基本的に国内で売られている野菜や果物の残留農薬は基準以下で人体に害はないとされていますが本当なのでしょうか?答えはNOです。上の図は農薬の出荷量とそれに伴う子どもへの影響をグラフにしたものです。農薬の出荷量とともに障害を持って生まれてくる子供やアレルギー疾患や喘息などを持った子どもが増えているのがわかります。

そして、特に注意しなければならないのが海外から輸入された収穫後の農薬(ポストハーベスト)が使用されている野菜や果物です。ポストハーベストは日本国内では禁止されていますが禁止されている理由は政府が体に良くないと判断しているからです。

海外でのポストハーベスト農薬は日本国内では食品添加物としての扱いになるため、あまり認知されていませんが人体に害であることは確かです。その害にドップリ浸かった材料をそのままの状態で皮ごと使うことなんて考える余地すらないのではないでしょうか?

農薬は水で落とせるの?

海外から輸入された強力な農薬のついた野菜も果物も基本的には農薬を取り除くことが可能で、ポストハーベスト農薬などは水で洗うだけで大半を落とすことができます。しかし、トマトやキャベツ、りんご、ネクタリンなど表面がツルツルしたのもや水はじきの強いものは農薬をしっかりと付着させるために「展着剤」と呼ばれる農薬と野菜をくっつけるノリのような役割をした化学物質が使われ水だけではしっかり落とすことができないようになっています。

農薬の種類によっては水で落とせるものもあるがツルツルしたものや水はじきの良い野菜には展着剤が使われており水では洗い落とせません。

農薬は重曹で落とすことができるのか?

ネットの情報では野菜や果物に付着した農薬は重曹で落とすことができるとありますが本当なのでしょうか?これに対する答えは「多分落ちると思うがどのくらい落ちているかはわからない!」というのが真実です。

野菜や果物に使われる農薬のほとんどは酸性ですのでアルカリ性の重曹を使えば中和反応が生まれ農薬は落ちるという理屈はわかりますが重曹で農薬がどの程度落ちているかというのは研究した人もいないため実際ははっきりわかっていません。そもそも、重曹はアルカリ性だからというのも水と比べてというものであって重曹のアルカリ性というのはかなり弱い「弱アルカリ性」ですので力不足なのではないかと思います。

グリーンスムージーには本当に皮ごと使って良いの?

グリーンスムージーのレシピブックなどでは材料の果物や野菜を皮ごとミキサーにかけることを推奨しています。本に書いてあるからとそのままグリーンスムージーは真似ている方もいるかと思いますがちょっと待ってください。

そもそもグリーンスムージーはアメリカ発祥の飲み物です。そのためレシピに使われる材料も海外の野菜や果物が多く使われます。そして、重要になってくるのがグリーンスムージーの材料は日本では海外産の輸入のものでもアメリカ国内で作る際は安心な国産の材料が多くあるということです。

日本では必ず農薬に浸っているフルーツですら海外では有機野菜や無農薬のものが手に入ります。もちろん、海外であればどこでも無農薬のものが手に入るわけではありませんが日本よりも手に入れやすい地域も多くあります。そのため、海外の本を翻訳しただけのレシピブックを鵜呑みにして農薬がたっぷりかけられている材料をそのままの状態で使用するのは避けたほうが良いでしょう。

有機野菜や無農薬の野菜を使うのも手!

グリーンスムージーを愛飲している人の中には材料の野菜や果物を全て無農薬もしくは有機栽培のものを使っている人がいます。実際にはこの方法が最も確実な方法ですが、無農薬野菜や有機野菜は販売されている箇所が限定されていたり価格が高かったりと少々ハードルが高いのが難点です。

ただし、これも最近ではネットを利用することによりある程度価格を抑えた無農薬栽培、有機栽培の野菜や果物を気軽に購入することができるようになりました。グリーンスムージー愛飲者でよく使われているネットでの野菜購入は下記の3つが有名です。

  1. 有機野菜「オーガニックガーデン」
  2. 朝採り無農薬野菜を産地から当日配送「無農薬野菜ミレー」

農薬は野菜洗いで落とせるの?

意外と知らない人も多いかもしれませんが野菜や果物に付着した農薬や展着剤を落とす野菜を洗うための洗浄液というものがあります。野菜洗いの中にもホタテの貝柱を使ってものやアルカリイオン水を使った強アルカリ性のものなどの種類がありますが、はっきり言って農薬を落とすことに関しては野菜洗いを使うのが一番有効な方法です。

「野菜洗い」という名前が付いているだけあって重曹のような科学的な根拠のないものではなく、メーカーによりしっかりと研究された商品です。また、野菜を洗うということは口に入れるものですので安心・安全にはかなり気を配られたものばかりです。グリーンスムージーを作るのに材料を皮ごと使いたい!けど農薬はしっかり落としたい!そう考えていた管理人も結局「ベジセーフ」という野菜洗いを使っています。

ベジセーフは強アルカリイオン水を使った洗浄液ですが30秒で水に戻るため、かなり安全でベビー用品などにも使われています。かといって洗浄効果が弱いわけではなく同等の強アルカリイオン水は歯科医院などで医療器具の洗浄などに利用されています。

農薬と野菜をくっつける役割の展着剤と呼ばれるものは黄色い色をしているため野菜洗いで落ちていることが確認できます。実際に管理人がベジセーフを使用してどれくらい農薬や展着剤が落ちているかは下記の記事で確認できます。

ベジセーフの効果が凄い!実際に使ってみた!口コミ&評判まとめ

私が週末に楽しんでいるグリーンスムージー。手軽で美味しい上、普段不足しがちな野菜や果物の栄養を効率よく摂取できるのでとても気に入っているのですが最近気になることが…。 そう農薬です!グリーンスムージー ...

続きを見る

きっちり落とす!野菜洗いおすすめ人気ランキングTOP3

みなさんの食卓に並んでいる野菜大丈夫ですか?農薬は目に見えない分、自分や家族の体を蝕んでいてもなかなか気付けません。食材を選び、料理をするお母さんだけが唯一農薬を防ぐことができます。 私の場合は手作り ...

続きを見る

グリーンスムージーと農薬の関係まとめ

海外から輸入された野菜や果物を多く使うグリーンスムージーに皮の付いたままの状態の材料をミキサーに放り込むのはちょっと…。かといって皮を剥くのは手間だし皮の周りに栄養が詰まっているのにもったいない!

そんな時は管理人と同じように野菜洗いを利用するのがオススメです!農薬は1日1年大丈夫でも数年、数十年経った時はわかりません。体に何か起こった時に「あの時こうしていれば…」なんて後悔したくありませんから今のうちからやれることはやっておくべきです。

大金がかかるものやかなりの手間のかかるものであればやらないという選択も理解できますがそんなに高い買い物ではないと思います。むしろ、農薬が子供に人体に害があることは明確ですので、それを除去できるのであれば安い買い物だと私は思っています。

野菜洗いおすすめ人気ランキングはこちら

<<野菜洗いベジセーフを実際に使った口コミはこちら>>

-作り方・レシピ

Copyright© スムスム , 2018 AllRights Reserved.