作り方・レシピ

グリーンスムージーの材料の皮・種・ヘタは取るの?下準備まとめ

投稿日:

グリーンスムージーを作っていると「あれ、この種って入れても良いんだっけ?」なんてこと良くありますよね。材料の皮や種をどこまで入れるかはプロの中でも考え方によって変わってくるようですが、今回は私の意見も踏まえて材料の種や皮、ヘタを取るなどの下準備を紹介したいと思います。

皮を取り除く材料

  • バナナ
  • スイカ
  • メロン
  • アボカド
  • 柑橘類(夏みかんやレモンなど)
  • イチジク
  • ざくろ

基本的に皮が分厚いものや苦味が出る材料の皮は取り除きます。ただ、柑橘類の中でもゆずは皮の部分に香りがあるためゆずは皮ごと使うようにします。また、スイカやメロンなどの皮を取り除くときは外皮だけを取り除くようにし、身の部分は皮ギリギリまで使いましょう。

種を取り除く材料

  • アボカド
  • 柑橘類(夏みかんやレモンなど)
  • プラム
  • マンゴー
  • すもも
  • ネクタリン

ヘタを取り除く材料

  • パイナップル
  • キウイ
  • リンゴ
  • プラム
  • マンゴー
  • いちご
  • パプリカ
  • ピーマン
  • トマト
  • 小松菜
  • ちんげん菜
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • きゅうり
  • パッションフルーツ

キウイの皮は取るべき?

グリーンスムージーのレシピの中でもキウイを使ったレシピは非常に多く、手作りでグリーンスムージーを作っていると多用する果物です。しかし、キウイフルーツの皮には無数の毛があり入れても良いのか迷ってしまいますね。結論から言えばキウイは皮ごとミキサーに入れてしまって問題ありません。ただし、パワーの弱いミキサーを使用している場合はキウイの毛が残ってしまうことがありますのでその場合は皮を取った方が良いでしょう。

果物の種の毒性について

果物の種には栄養が豊富なものが多く、パワーのあるミキサーでグリーンスムージーを作っているとついつい材料を種ごと入れたくなります。しかし、リンゴや梨、桃の種にはアミグダリンと呼ばれる体内で毒性のある物質に変わる成分が含まれています。そのため、これらの材料の種を大量に摂取するのには注意が必要です。ただ、毒性があると言ってもリンゴ1個あたりに入っている種の数は多くてもせいぜい10粒程度ですのでリンゴ数個程度であれば種ごと使ってしまっても問題ありません。

また、パパイヤの種には栄養が豊富に含まれていますが、辛みがあるため全て使わず少量のみの使用に留めると良いでしょう。

材料はミキサーのパワーに応じた大きさに

ミキサーに材料を入れる前にミキサーに合わせた大きさに材料を切り分けますが、そのときの材料の大きさは必ずミキサーのパワーに応じた大きさに調整しましょう。バイタミックスなど900wクラスのミキサーであればリンゴは丸ごと入れることができますが国内メーカーの一般的なミキサー(250w相当)の場合はリンゴも一口大の大きさにする必要があります。250w以下のミキサーの場合は葉野菜を含めた全ての野菜を3〜4センチ角に切り分けましょう。

柑橘類の皮と種を簡単に取る方法

夏みかんやオレンジなどの柑橘類は低カロリーですっきりした味わいになるためダイエット用のグリーンスムージーのレシピを中心によく使用される果物です。ただ、レシピに柑橘類を使用する時は皮や種に苦味があるためできる限り取り除くかなければならないのですが、この作業は意外と時間がかかり面倒です。そんな時はレモン絞り器を使うと柑橘類の下準備があっという間に終わります。種は先に取らずレモン絞り器で絞った後に搾り器に残っている種を取ると楽に取ることができます。ぜひ試してみてください。

-作り方・レシピ

Copyright© スムスム , 2018 AllRights Reserved.