ダイエット

グリーンスムージーの置き換えダイエットは夜か朝どちらが効果ある?

更新日:

グリーンスムージーを使ったダイエットはグリーンスムージークレンズ(断食)以外は食事をグリーンスムージーに置き換える「置き換えダイエット」が主流です。

食事を飲み物に置き換えるなんて不健康そう…と思われますが、そもそもグリーンスムージー自体が飲み物ですが食事という位置付けになります。そのため、長期間2食以上を置き換えるなどの過度なダイエットを行わなければ他のダイエット方法と比べて栄養をしっかり補えるため安全で健康的に痩せることができるという特徴があります。

しかし、置き換えと言っても一般的に食事は朝・昼・晩と1日に3回もありますのでどれを置き換えるのが最も効果的なのか悩んでしまいます。今回はグリーンスムージーで置き換えダイエットを行う際に朝・昼・夜どの食事を置き換えれば最も効果が得られるのかをお教えしたいと思います。

カロリーを大幅に削減できるのは夜の置き換え

皆さんご存知の通りダイエットといえば運動をしてカロリーを消費するか、筋肉をつけて基礎代謝をあげてカロリーを消費するか、摂取するカロリーを少なくするなど多くのダイエット方法がありますが、いずれを取っても重要なのは「カロリー」です。それはグリーンスムージーダイエットでも同じで食事をグリーンスムージーに置き換えてカロリーを減らすことによって初めて痩せることができます。

そして、グリーンスムージーで置き換えダイエットを行った時に最もカロリーを削減できるのは夜の置き換えです。一般的にほとんどの方は朝昼夜で一番摂取カロリーが多いのが夕飯かと思います。そして、夕飯をグリーンスムージーに置き換えることにより摂取カロリーを大幅に削減することができます。

夜の置き換えはストレス爆発!?

じゃあ朝食を置き換えるより夕飯を置き換えたほうが良いのかというとそうでもありません。摂取カロリーの多い夕飯をグリーンスムージーに置き換えると当然その分かなりお腹が空きます。夕食後すぐに寝るのであればそれほどストレスでもないように感じますが実際にはそんなことはなくかなりのストレスとなります。よくストレスが溜まると暴飲暴食をすると言いますが人間は知らず知らずのうちに食事でかなりのストレスを発散しています。その食事が飲み物に変わり一瞬で終わってしまうわけですからストレス発散されなくなってしまいます。

また、家族揃って食事を取っている方は自分だけグリーンスムージーを飲むことになります。たとえ家族と言ってもグリーンスムージーをあまり知らない人からすれば食事を飲み物代わりにして大丈夫なの?と心配されることになります。

こういった理由からグリーンスムージーを夜に置き換えると摂取カロリーは大幅に抑えることができますが空腹やストレスなどが付いてきます。グリーンスムージーで置き換えすれば無理なく綺麗に痩せれますが夜の置き換えでは多少の負担がかかり少なからず我慢や無理をすることを覚悟しておきましょう。

お昼の置き換えはNG!?

仕事の方などは会社にグリーンスムージーを持っていかなければならなくなるので基本的にお昼に置き換えを考える方は少ないと思いますが家にいる時間の長い主婦の方でもお昼の置き換えはやめておいたほうが良いです。なぜなら昼食というのは多くの人にとって1日3食の食事の中で最もカロリーが必要な食事だからです。

昼食というのは午前中の活動で減ったエネルギーを補うという役割とともに夕飯までの活動のエネルギーを摂取する場でもあります。そのため昼食でカロリーを抑えてしまうと夕飯までにエネルギーが切れていまい。集中力が切れてボーッとしたり本来の力が出せなかったりという事態に陥ってしまいます。

このことから食事をグリーンスムージーに置き換えるのに昼食は適していないことがわかります。

一般的に食事のカロリー配分は朝:昼:夜で3:4:3が理想とされています。

朝の置き換えが断然オススメな理由

最近では朝食を食べないで家を出られる方も多いようですがもし毎日朝食を食べているようであれば朝の食事をグリーンスムージーに置き換えるのが最もオススメです。

なぜなら朝食をグリーンスムージーに置き換えてカロリーを減らすことによって昼食にお腹が空き、昼食をしっかり食べるようになります。昼食をしっかり食べると夜飯までお腹が減ることもなくエネルギー切れにもならないためエネルギー切れが原因で集中が途切れることもなくしっかりと活動することができます。

上記のように朝食にカロリーを抑えたグリーンスムージーに置き換えることにより自然と1日の食事のカロリーバランスが理想の状態になり良い連鎖が生まれやすくなります。

朝の置き換えは続けやすい

また、朝のグリーンスムージーがオススメな理由の一つに続けやすさがあります。どんなにダイエットへの熱意があっても夕飯の置き換えは友人や同期との外食や会社の飲み会などその日に置き換えられない状況が頻繁にあります。これらはシーズンによっては月に何度も訪れることもありその度に夜飯をグリーンスムージに置き換えるのを中断しなければなりません。

グリーンスムージーに置き換えられない日があるとダイエットに対するモチベーションも下がりますし、次の日にグリーンスムージーに置き換えた時に前日の食事とのギャップにより物足りなさを感じてしまいます。

一方、朝の置き換えはどこかに泊まった日を除いて毎日安定的に置き換えることができます。グリーンスムージーを使った置き換えダイエットは断食ではないので一瞬のうちに成果を上げるものではなく、ある程度の期間しっかりと続けることが重要です。

どんなに夜の置き換えが効果的でも3日坊主では何の意味もありません。これらの理由からグリーンスムージーの置き換えを朝か夜かで悩んでいるのであれば断然朝がオススメです。

置き換えダイエットは習慣にすることで最も効果が得られる

グリーンスムージーを使った置き換えダイエットでは少しのカロリー減を継続的に行うことによりジワジワ痩せることができます。大きなカロリー削減をしていないため劇的な体重の変化はありません。しかし、ゆっくり痩せるということは体への負担が少ないということにもなります。

ただ、こういったメリットのある置き換えダイエットもほんの数日で終わってしまっては何の成果も得られません。継続は力なりという言葉がありますがこの言葉はダイエットにも当てはまります。1日たった100kcalの削減でも1年間毎日続ければ36500kcalという大きな成果となります。女性の1日の目安のカロリーは1800kcalですので36500kcalというのは丸20日分の摂取カロリーに値します。

これだけの差があれば体重にも明らかな差が生まれるのはわかりますよね?

ちなみに100kcalはりんご半分ほどのカロリーです。この程度のカロリー削減では体にはほとんど負担はありません。というより体ですらカロリーが減っていることに気が付かないほど微々たるものです。

時間がなくても置き換えを習慣にするコツ

朝の方が置き換えがしやすいのはお分りいただけたかと思いますが逆に朝だからこその悩みもあります。それが「時間がない」です。

世の中には朝早く起きることが得意な人も多くいるかと思いますが管理人をはじめ朝が苦手な人も多くいます。朝はできるだけギリギリまで寝ていたい!そんな思いから時間ギリギリに飛び起きて慌てて支度をすることも度々あります。

そんな方にとって忙しい朝にキッチンに立ち、野菜や果物を切り分けミキサーで攪拌、飲んだ後はミキサーとコップを洗って…なんて時間に余裕のある方ばかりではないはずです。管理人も以前は同様の思いでグリーンスムージーを挫折してしまいました。

そんな方にオススメなのが忙しい朝や時間のない日は一瞬で完成する粉末のグリーンスムージーを飲み、早く起きた日や仕事がお休みの時間に余裕のある日に手作りのグリーンスムージーを作るという方法です。

粉末のグリーンスムージーは材料を用意する必要もなく時間にしておよそ30秒で完成するため、時間のない日でも手間を取らせることがなく負担にならずに続けることができます。また、粉末のグリーンスムージーにはダイエットに特化したものや健康に特化したもの、美容に特化したものなど自分にあった製品を選ぶことができます。

グリーンスムージーを使ってダイエットを考えている方はぜひ朝の置き換えを習慣にして健康で美しく、負担なくダイエットすることをオススメします。

ダイエットにおすすめのグリーンスムージーランキング

-ダイエット

Copyright© スムスム , 2018 AllRights Reserved.