グリーンスムージーは、緑色葉野菜と果物をミキサーで粉砕したスムージーです。

グリーンスムージーはダイエットとしても人気がありますが、グリーンスムージーは粉砕してるもののほとんど生野菜を食べるようなものですから、食物繊維やビタミンなど女性には嬉しい美肌効果も期待できることから人気が集まっています。

生搾りジュースのように絞りかすを捨てることなく全てを飲むことで、ジュース以上に食物繊維も豊富にとれるため、栄養はもとより腹持ちもよく置き換えダイエットにピッタリ!でとても人気です。しかし、そんなグリーンスムージーにも一つだけ問題があり、何よりも作るのが面倒!

自分でミキサ-を使って作るのはやってみて実感しましたが、想像以上に大変でした。そこで、人気なのが、水などに混ぜるだけの粉末グリーンスムージーです。

グリーンスムージーの効果・効能まとめ

グリーンスムージーとは生野菜、それも緑の葉物野菜とフルーツなどを混ぜ合わせただけの極めてシンプルな飲み物です。

しかし、期待できる効果は数え切れないほどありとても侮れません。まずは高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防効果です。さらに豊富に含まれている食物繊維による便秘の改善、ダイエットやアンチエイジングにも良いなど、もはやこれを飲んでいれば健康、美容などあらゆるところに良いと言えるくらいです。

そして、グリーンスムージーを飲む女性が最も期待しているのが、美肌とダイエット効果だと思いますが、熱を加えない生野菜はビタミンCや酵素などが破壊されていないため熱を加えて調理した料理を食べるより多くの栄養素を補うことができます。

野菜を生のまま食べるとクセを強く感じやすい上、好き嫌いなどもあるためなかなか食べれないという方もいると思いますが、果物を加えてスムージーにすると熱を加えなくても味を変えることができます。

みなさんご存知の通りビタミン類は抗酸化作用やコラーゲンの生成には必須で美肌には欠かせないものの一つです。そんなビタミンは1種類だけで摂取するより複数のビタミンを摂取した方が吸収も良くなります。

そして、スムージーで摂取できる酵素はダイエットに効果を発揮します。酵素は人間の体内では消化や脂肪燃焼に使われます。消化にばかり酵素が使われると脂肪燃焼に使う酵素がなくなるので、外部から増やすことで脂肪燃焼まで行える分の酵素を確保します。

また、野菜には食物繊維がたくさん含まれているので、便秘解消になります。ダイエット期間中は、食事を簡単なメニューにするなど、栄養バランスが傾きやすいです。グリーンスムージーで鉄分やミネラルを摂取すれば、体の調子も整います。

グリーンスムージーの素材

グリーンスムージーに使う具材の定番はほうれん草とバナナです。ほうれん草はグリーンスムージーの名前の由来にもなっている「グリーン」すなわち緑色となっている色で鉄分やビタミンAが豊富です。バナナは味に癖がなく食物繊維を多く含んでおり、整腸作用などに期待できます。

酸味のある果物を入れるスムージーもありますが、甘味のある果物を使うことで野菜が持つクセや苦味を抑えることができます。

グリーンスムージーに牛乳やヨーグルトなどの乳製品を入れると濃厚な味わいになりますが、乳製品は栄養の吸収が悪くなるので、あまり入れないようにすると良いでしょう。また、ソラマメやジャガイモ、カボチャなどの豆類や芋類などデンプンを多く含む素材を果物と一緒に食べると消化の際に腸内で屁の元となるガスができやすくなります。

その他にもキャベツや、白菜、人参などはデンプンが少ないように感じられますが、これらの野菜もグリーンスムージーには向いていません。野菜は緑色の濃いものを入れた方が綺麗な色に仕上がります。また、材料の皮の部分は特に栄養が豊富なので全部使いたいところですが、ブロッコリーなどの茎はデンプンが多く含まれているので注意しましょう。

グリーンスムージーの1日の目安量

人間は噛むことで唾液を分泌しますが、唾液には消化を助ける働きがあり、栄養の吸収を助けます。ドリンク状になったものばかりを摂取すれば、唾液腺が衰えてしまい分泌量が減り消化吸収力が衰えてしまいます。また、噛むという行為は脳やホルモン分泌にも影響を与えているため、知らず知らずのうちに精神状態に悪影響を与えている場合こともあります。

健康増進やダイエットのためにグリーンスムージーを飲んでいるのであれば、朝食として1杯飲む程度が目安となります。

また、生野菜や果物を使ったグリーンスムージーは他の飲み物よりお腹を冷やしやすいため常温で飲むのがおすすめです。朝は体温が上がりきってから飲むと良いでしょう。最近駅などでよく見るジューススタンドでもスムージーが販売されており、きちんとしたレシピで飲みやすい味になっていますが非常に冷たく冷やされているので注意が必要です。習慣的に冷たい飲み物を飲むと低体温になり、便秘や痩せにくいなど美容の妨げとなります。

グリーンスムージーは専門店でも気軽に買えるようになりましたが、やはりそれなりのお値段になるため継続的に飲むには不向きと言えるため、やはり家で作るのが理想となります。通販でセットのスムージーを買えば混ぜるだけでレシピにバリエーションを出すことができます。

グリーンスムージーの効果と効能についてはこちら

グリーンスムージーでダイエットできるの?真実を教えます!

「よく"グリーンスムージーでダイエット"って聞くけど本当にダイエット効果あるの?」と思っている方に真実をぶっちゃけちゃいます!

グリーンスムージーでダイエットは…可能です!

でも、ダイエット自体はグリーンスムージーでなくてもできます。ダイエットを成功させるために必要なのは、お腹が減った時にその空腹を我慢できるかどうか、食事を制限できるかどうかだけです。

好きなだけ美味しいものを食べて痩せるということはありません。

置き換えダイエットのダイエット食が美味しくない!味にマンネリ化してしまって飽きたと言って続かない方もいると思いますが、それはグリーンスムージーでも同様です。

ダイエット食などでよく求められるのは「満腹感」ですのでグリーンスムージーの満腹感がどれくらいなのか疑問に感じられている方も多いと思います。

私がグリーンスムージーを試した感想ですが、1杯飲んだだけでは当然お腹いっぱいにはなりませんし、それほど満腹感もありません。かといって全くお腹にたまらないわけでもなく、それなりの満腹感はありますが、どんな飲み物でも沢山飲めばある程度の満腹感は得られます。しかし、やはり「飲んだ」だけであって「食べた」わけではありませんので少なからず物足りなさを感じます。その点に関しては我慢するしかありません。

ここ数年人気がグリーンスムージーと共にブームとなっているチアシードと合わせて飲んでみましたが、やはり物足りなさは残ります。

食事は毎日当たり前のように取るので知らず知らずのうちに習慣になっています。習慣を変えるためにはそれなりの努力と我慢が必要となります。効果的にダイエットを行うためには、初めのうちにいかに我慢できるかで大きく変わってきます。ただし、体調を崩すような我慢は長くは続きませんのであくまでも継続できる範囲での我慢が必要となります。

グリーンスムージーダイエットを実施されている方の中にはグリーンスムージーによる満腹感を感じている方もいるようですが、そう言った方もはじめのうちに我慢していたからこそ現在では満腹感を得られるまでになっています。

もしグリーンスムージーダイエットを考えているのであれば取りあえず始めてみましょう!何事もやってみないことには自分に合っているのかすらもわかりません。

実際にグリーンスムージーを飲んでみて我慢してみます。はじめのうちは物足りなさが大きいため1杯あたりの量を増やしても問題ありません。ただし、全く我慢せずガブガブ飲んでいてはダイエットになりませんので最低限は我慢するようにしてください。

ダイエットというものはシンプルで食べる量を減らせば良いだけです。栄養価の高いグリーンスムージーであれば体に無理な負担をかけずに健康的にダイエットできますので、我慢と継続でダイエットを成功させましょう!

グリーンスムージーダイエットのデメリット

グリーンスムージーダイエットのデメリットは毎日複数の種類の新鮮な野菜と果物を準備するため意外とお金がかかります。最近では野菜の値段も高いのでなおさら出費がかさみます。また、ミキサーを使うとはいえ生のままで食べることになりますので、より安全な無農薬のものや有機栽培のものを選ぶとさらに高くつきます。

少しでも出費を抑えるためにスーパーなどで安売りしている野菜や果物を選ぶかもしれませんが、多くの果物は実中より皮の付近の方が糖が多く含まれているため皮を取るなどの作業を行った方が良いでしょう。

グリーンスムージーダイエットは材料に果物を使用しますので、飲みすぎるとダイエットどころか逆に太ることもあります。ダイエットのために飲んでいるはずのグリーンスムージーで太るなんて考えたくもありませんが、やり方を間違えるとそうなってしまうこともあります。

ダイエットの効果を重視するために果物を無くし、グリーンな野菜だけでスムージーを作ることもできますが、野菜のクセや苦味が増し青汁のような味に近づきますのでかなり飲みにくくなります。

グリーンスムージーは野菜のクセや苦味を抑えるために果物を多めに入れ、飲みやすい味にすることができます。当然、甘い方が飲みやすくなるため初心者の方は果物の量を増やしがちですが、増やした果物の量に比例して糖分も増えますので果物の量を増やす時は加減しながらでないと太ることになってしまいます。

家にあるような粉状の白糖とは違うため見落としがちですが、果糖も白糖も同じ糖質です。摂り過ぎると血糖値も上昇しますし、肥満体質の原因にもなります。

野菜3割:果物7割という割合では、もはやフルーツジュースを飲んでいるのと変わらないのでダイエットにはなりません。グリーンな野菜を生で摂るために果物で飲みやすくしているというくらいに考えておいた方が良いでしょう。

グリーンの野菜のクセや苦味に慣れずに飲みにくいと感じる場合は果物を増やすのではなく野菜選びの方を変えてみるのがおすすめです。ひとくくりにグリーン野菜と言っても多くの種類がありますから、クセの少ない野菜を選ぶことにより飲みやすくすることができます。味に慣れず飲みにくいと感じるうちは栄養面より飲みやすい味にするように調整してみましょう。

グリーンスムージーの一番のデメリットは作るのに手間がかかりかなりめんどくさいことです。

グリーンスムージーの材料は保存の効かない生鮮食品ですから、定期定期にスーパーなどに買いに行く手間があります。最近では通販などでもフレッシュな材料が手に入るようになりましたが、それでも注文するという手間もあります。

そして、何よりの手間が調理による手間です。手に入れた新鮮な野菜をミキサーやブレンダーに入れるためにそれぞれの器具に合わせた大きさにカットする必要があります。そして、スムージーを作ったあとは調理に使用したミキサーやブレンダーを洗う必要があります。これらの手間も1日単位では大したことない手間ですが毎日になるとかなりの負担となります。「作る手間」と「片付けの手間」これら2つの手間がグリーンスムージーダイエット挫折者の一番の理由です。

そこで最近人気が出ているのが粉末のグリーンスムージーです。同じく人気の「粉末青汁」と同様に水などの液体に溶かすだけなので手間もかからない上、1杯あたりの値段も自分で作るよりはるかに安く抑えることができます。

手間もかからず安く済むというだけでも十分ですが、最近の粉末グリーンスムージーには美容成分を配合したものもあり、ダイエットしつつもお肌に気を遣いたい女性に人気があります。

普通に作ると手間のかかるグリーンスムージーが、ここまで人気が出たのはこの粉末グリーンスムージーのおかげと言っても過言ではありません。粉末グリーンスムージーがなければ、スムージーダイエットがここまで人気が出ることはなかったでしょう。

人気が出ただけあり、いろいろなメーカーから沢山の種類のグリーンスムージーが販売されています。中でも人気のあるものをランキング形式でご紹介します。

人気の粉末グリーンスムージーおすすめランキング

粉末グリーンスムージーランキング1位

ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーは、世界4か国でランキングNO1を受賞しているグリーンスムージーの王様です。

数あるグリーンスムージーの中でもミネラル酵素グリーンスムージーに人気が集まっている理由は、何といっても簡単に作れること。作るのに全くと言って良いほど手間がかからないにもかかわらずグリーンスムージー本来の栄養素に加え、ミネラルや酵素などもきっちり補給できることにあります。

普通のグリーンスムージーは、野菜や果物をミキサーにかけて作りますが、ミネラル酵素グリーンスムージーは、シェイカーにスプーン2杯と水200ccを入れてフタをしてシェイク。コップに注いで完成という手軽さで、1杯たったの80円です。

約200種類の野菜やフルーツに加えて、ミネラルと酵素がしっかりとれるので、忙しい朝の食事代わりに手軽に飲むということも可能です。栄養満点なのに1杯たったの23~24Kcalなので、置き換えダイエットにも最適です。

  • 200種類の葉野菜・フルーツのミネラルと酵素を配合
  • ミキサーなしで簡単に作れる
  • 置き換えダイエットに最適
内容量 1日当たり分量 定価 1日当たり単価
200g スプーン2杯6g 2,654円 79.6円
初回限定金額 定期購入金額 送料

4,777円

(2袋定期コース)

無料

ミネラル酵素グリーンスムージー公式サイトはこちら

粉末グリーンスムージーランキング2位

母なるスムージー

母なるスムージーはフリーズドライ製法により素材本来の味を楽しめるグリーンスムージーです。無香料、無着色の完全無添加製法で作られており、当然砂糖なども使われていないため材料の味をそのまま楽しめるように作られています。また、材料の野菜や果物は国産品を中心に使い、全ての材料の産地を記載するなど徹底的な安全管理がされています。

母なるスムージーは独自製法で癖のある材料の癖だけを飛ばし、栄養のみを残すことに成功し他の製品で癖が出るため避ける材料を無添加で使用しています。そのため癖のない味であるにもかかわらずコップ1杯で1日に必要なビタミンとミネラルのほとんどが補えてしまいます。

作り方も粉末をシェイカーに入れシェイクするだけで簡単にできてしまうので時間のない朝でも気軽に作ることができます。

  • 着色料・香料などを使わない無添加で安心
  • コップ1杯で1日に必要なビタミンとミネラルのほとんどが補える
  • 初回は1000円OFF
  • 2回目以降はずっと10%OFF
  • 定期便の回数縛りもなくすぐに止められる
内容量 1日当たり分量 定価 1日当たり単価
150g スプーン1杯10g 2,770円 185円
初回限定金額 定期購入金額 送料
1,770円

2,493円

(1袋定期便)

無料

母なるスムージー公式サイトはこちら

粉末グリーンスムージーランキング3位

ピタヤにプエラリアと青汁を配合したグラマラスリム・スムージー

グラマラススムージーは、バストをキープしたままお腹周りをスッキリさせることができる、ダイエットと女性らしさを同時に手に入れることのできるグリーンスムージーです。

置き換えダイエットに最適なマジカル美フルーツ、ピタヤと美バストを目指す人に大人気のフェロモンフルーツ、アグアを配合しています。ピタヤは、カリウムがたっぷりで食物繊維がバナナの約65倍で、満腹感をキープしてくれるうえ、美容成分が豊富に含まれています。アグアは、女性ホルモンに似た植物性エストロゲンをはじめバストや美容に良い成分が豊富に含まれています。

そして、腸内をスッキリさせる大麦若葉、ケール、明日葉などの青汁成分を配合し、強力分解酵素を持つ青パパイヤも配合。そしてコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタをはじめ67種類の栄養素と、活きてる酵素218種類とビタミン・ミネラルなど13種類を配合しています。

栄養満点で満腹感が持続し低カロリー(1杯あたり30kcal)なうえ、トロピカルマンゴー味やミックスベリー味でおいしくダイエットができます。

作り方も簡単で、パウダーを水や牛乳、豆乳と混ぜるだけなので、忙しい朝でも簡単に飲むことができます。

  • ダイエットと女性らしさを同時に追求した配合
  • 生きてる酵素218種類と11種類のビタミン・ミネラルが摂れる
  • バストをキープしてウェストすっきり
内容量 1日当たり分量 定価 1日当たり単価
200g スプーン1杯6g~10g 5,780円 192.7円
初回限定金額 定期購入金額 送料
1,980円 3,980円 無料(定期購入)

グラマラスリムスムージー公式サイトはこちら

Copyright© スムスム , 2017 AllRights Reserved.